太陽光発電システムのメリット | 「Qセルズ」低照度に強いドイツ生まれの太陽光発電システム

Hanwha Q CELLS

YOUR RELIABLE ENERGY PARTNER, Q CELLS

Hanwha Q partners

BEST SERVICE FOR BEST QUALITY WORKMANSHIP, Q PARTNERS

個人のお客様

太陽光発電システムのメリット

たくさんのメリットがある太陽光発電システム太陽光を活用して、環境にも家庭にも大きく貢献

  • 電気代を節約

  • 環境にやさしい

  • 停電時にも安心

  • 導入が簡単

家庭内の電気代を節約

電気を「買って使う」よりも「つくってつかう」時代
太陽光発電で創った電気を活用すれば、電力会社から電気を購入する量を低減することができます。家庭向け電力料金は、一般的な従量電灯契約によると、使えば使うほど料金単価が上がります。太陽光発電で創った電気を活用して電力会社からの買電量を減らせば、無理な節電などをせず、今まで通り電気を使いながら電気代を削減できます。

固定価格買取制度を利用できます。

固定価格買取制度を利用できます。
太陽光発電システムで発電した電気を電力会社に売る場合、10kW未満のシステムは、ご家庭で使った分を差し引いて売電する「余剰買取」を利用できます。10kW以上のシステムであれば、発電したすべての電気を売る「全量買取」、または「余剰買取」のいずれかを利用できます。
環境にやさしいエコな暮らし
  • クリーンエネルギーの活用
    太陽光というクリーンなエネルギーを活用することで、CO2(二酸化炭素)を発生させません。太陽光発電により環境保護に貢献するとともに、ご自身やお子さまの将来のために資源と安全な環境を確保することにつながります。
  • 快適な住宅環境作りにも
    太陽光発電を設置した屋根の下の部屋では、保冷・保温効果がアップします。太陽電池モジュールが断熱材となり、夏場は屋根への直射熱を軽減し、冬場には保湿効果が期待できます。
  • 「緑の贈与」で、資産継承と環境への貢献を両立できます 「緑の贈与」制度とは、祖父母から子・孫の世帯に太陽光発電システムを設置する資金を贈与した場合、一定の条件を満たす場合には贈与税が非課税となる制度です。

    これは、再エネ・省エネ促進に導く仕組みであり、資産継承と環境への貢献を両立するものです。緑の贈与を活用すれば、祖父母にとっては、地球環境に貢献する有意義な贈与ができ、子・孫の世帯には、光熱費の削減や太陽光発電の売電利益などが得られるため、Win-Win の構図が生まれます。
  • 停電時にも安心
    自立運転機能で災害時にも安心 万一の停電時には、パワーコンディショナを「自立運転」に切り替えれば、太陽光発電システムで発電した電力により電気製品を使うことができます。冷蔵庫で薬品等を保存したり、電気ポットでお湯を沸かす、さらに、ラジオやテレビから情報を得る、携帯電話の充電をするなど、電気を使うさまざまなシーンに役立てることができます。
    • 手動で自立運転に切り替える必要があります。
    • 自立運転の際、生命に関わる機器は絶対に接続しないでください。
    • 夜間はご利用になれません。日中でも、天候や日射量による発電量の変動に応じて使用できる電力も変動します。
導入が簡単
Qセルズはご相談から導入までお客様をバックアップいたします。お気軽にお問い合わせください。太陽光発電システムは、様々な場所の条件に合わせて設置ができます。また、シンプルな構造になっており、メンテナンスもとても簡単です。