■ パワーコンディショナ1台で発電・蓄電の2つの機能を実現。

■ 屋内据付け型の小型・軽量で6.4kWhの蓄電池ユニット


ハンファQセルズジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 キム・ジョンソ 以下「Qセルズ」)は、弊社住宅用太陽光発電システムに加えて、住宅用ハイブリッド蓄電システムを商品ラインナップに追加し、販売を開始したことをお知らせいたします。

本商品は、オムロン株式会社(以下「オムロン」)の製品で、1台のパワーコンディショナ(以下「パワコン」)で太陽電池モジュールの発電電力と、蓄電池ユニットの充放電の電力を合わせて変換/制御することができるシステムです。

従来、太陽光発電システムに蓄電池を併設した場合、太陽光発電用のパワコンに加え、蓄電池用にも直流/交流の変換を行うパワコンが必要でした。本製品は発電電力を直流のまま蓄電し、1台に発電・蓄電の両方の機能を備えたハイブリッド仕様です。直流のまま蓄電するため、通常でも変換ロスが抑制されるとともに、電力系統の電圧上昇による売電量抑制時でも、電力を無駄にすることがありません。

同時に設置するリチウム蓄電池ユニット(6.4kWh)は、一般住宅の室内に据え付けるのに違和感の無いサイズ・デザインです。ユーザーの利用法に合せた「経済モード」「安心モード」など、各種モード※1をご用意し、10年保証※2も合わせ、お客様のニーズにお応えするものとなっております。

また、本システムは小型・軽量で設置時の工数・工費の負担が少ない※3のも特長です。

Qセルズは、今後変化していく日本の電力事情に合わせ、永続的にクリーンな電力を提供できる太陽光発電システムの販売・発電事業を通し、日本における再生可能エネルギーの柱である太陽光発電事業の発展に寄与してまいります。
  • 1 経済モード:昼間は太陽光発電から、朝夕は蓄電池から電気を使って電気料金を節約。
    安心モード:万一の停電に備えて蓄電池の残量を確保。
  • 2 製品保証10年(蓄電容量60%以上)
  • 3 パワコン本体:約29kg、蓄電池接続用のDC/DCコンバータ:約16kg。屋外壁掛け設置型。
    蓄電ユニット:約60㎏、人手で搬入可能。基礎工事不要。

【外観イメージ】

小型蓄電システム

【基本仕様概要】

ハイブリッドパワーコンディショナ

                             
型番 KP48S2-HY
直流入力 定格入力電圧 DC330V
運転可能電圧範囲 DC50~450V
入力回路数 3回路+1回路(蓄電池用)
交流出力 定格容量 4.8kW
入電力変換効率 96%
絶縁方式 トランスレス方式
電気方式 連系運転時 単相2線式(単相3線式配電線に接続)
自立運転時 単相2線式
自立運転時の定格容量 1.5kVA
使用周囲温度 -20~+50℃(氷結なきこと)
寸法(横×高さ×奥行) 650mm×493mm×222mm
質量 約29kg
設置場所 屋外

DC/DCコンバータ

         
型番 KP-S-D22
直流入出力 入出力数 1入出力
定格出力 2.2kW
使用周囲温度 -20~+50℃(氷結なきこと)
寸法(横×高さ×奥行) 420mm×493mm×222mm
質量 約16kg
設置場所 屋外

蓄電池ユニット

型番 KP-S-B64
蓄電池容量 6.4kWh
定格入出力 2.2kW
種類 リチウムイオン電池
使用周囲温度 -10~+40℃(氷結なきこと)
寸法(横×高さ×奥行) 406mm×640mm×165mm
質量 約60kg
設置場所 屋内

特定負荷用分電盤

型番 KP-S-S15
定格入力電圧 AC101V
定格電流 合計15A
電気方式 単相2線式
出力分岐数 3
寸法(横×高さ×奥行) 536mm×320mm×95mm
質量 5.4kg
設置方式 壁固定(屋内のみ)

モニタリングユニットセット

セット型番 KP-MU1B-SET
<専用表示ユニット>
型番 KP-MU1B-D
表示画面 7インチカラー液晶ディスプレイ(タッチパネル)
表示 発電、充放電、消費、制御履歴、エラーコード、運用状態 等
電源 AC100V(専用ACアダプタ使用)
最大消費電力 7W以下
寸法(横×高さ×奥行) 190mm×134mm×24mm
質量 約370g
設置方式 据え置き、壁面設置
<計測・操作ユニット>
型番 KP-MU1B-M
データ通信方式 無線LAN
パワーコンディショナ接続台数 ハイブリッドパワコン1台
定格入力電圧 単相2線100V
最大消費電力 6.5W以下
寸法(横×高さ×奥行) 130mm×260mm×60mm
質量 約800g
設置方式 壁固定(屋内のみ)


【ハンファセルズジャパン株式会社について】
1984年に韓国最大手企業であるハンファグループの日本法人として設立。2014年3月に設立30周年を迎えた。太陽光発電関連事業(太陽光モジュール輸入販売、IPP事業)をはじめ化学品、鉄工、機械・設備、自動車部品、IT関連機器等、多分野にわたる基幹産業のアジア諸国間での輸出入業務と日本市場での販売事業を展開している。2011年より日本の太陽光事業に参入し、ドイツ生まれのQセルズの技術力を活かした太陽光モジュール、システム開発・生産・販売、発電所事業など幅広い分野でビジネスを展開している。日本向け出荷量の累計は1.7GW (2015年7月現在)、2013年には外資系太陽光モジュールメーカーとして国内出荷量で1位となる。
URL: http://www.q-cells.jp

ハンファQセルズジャパン
住宅用ハイブリッド蓄電
システム販売開始

  • パワーコンディショナ1台で発電・蓄電の2つの機能を実現
  • 屋内据付け型の小型・軽量で6.4kWhの蓄電池ユニット