省エネ法令・制度対応製品について

1.低炭素建築物認定制度とは?

「都市の低炭素化の促進に関する法律(エコまち法)」が、2012年12月4日に施行されました。
同時に省エネ性能が高い住宅・建築物を認定する「低炭素建築物認定制度」がスタートしました。
低炭素建築物として認定を受けた住宅は、税の優遇措置や容積率制限の緩和などが受けられます。
低炭素建築物とはCO2(二酸化炭素)の排出が抑制された建物で、所管行政庁(都道府県、市又は区)が認定を行うものです。


2.認定基準

必須項目:一次エネルギー消費量を、地域ごとに定められた基準から10%以上削減すること
選択項目:予め決められている対象項目の内、2つ以上に該当すること

弊社の太陽電池モジュールおよびパワーコンディショナ(以下、添付)は、一次エネルギー消費量削減に寄与する設備として
一般社団法人住宅性能評価・表示協会に登録しましたので、ご案内致します。

性能確認区分一覧「太陽電池モジュール」
性能確認区分一覧「パワーコンディショナ」

3.一般社団法人 住宅性能評価・表示協会ポータルサイト

https://www2.hyoukakyoukai.or.jp/teitanso/info/list.php?key=g1



Qセルズの実力

太陽光発電のグローバルリーダーとして世界中、日本中で認められたQセルズの実力をぜひご覧ください。

お客様の声

Qセルズ太陽光発電システムをお選びいただいた理由や、導入後のご感想を集めました。

製品ラインナップ

Qセルズの太陽電池モジュールは、卓越した低照度特性で、国内販売メーカー最高レベルの高い発電量を生み出します。

CMスペシャルページ

トリンドル玲奈さんが出演するテレビCMをご紹介。メイキング映像や撮影エピソードも掲載しています。
是非ご覧ください。

カタログのダウンロード・お見積はこちらから