太陽電池モジュール Q.PEAK DUO-G5


Q.ANTUM DUO(クアンタムデュオ)テクノロジーを搭載したフラッグシップモデル

Q.PEAK DUO-G5は、革新的なQ.ANTUM DUOテクノロジーにより、さまざまな設置状況において最高レベルの発電量を発揮します。

以下の設置に最適です
  • 商業施設・工業施設の屋根
  • 小~大規模発電所などの地上設置

Q.ANTUM DUO(クアンタムデュオ)テクノロジーとは?

Q.ANTUM DUOテクノロジーは、電気損失を低減するハーフセル技術、6本バスバー技術、ワイヤー・インターコネクションなど、先端技術を融合することで、光をより効果的に活用します。

Qセルズは、5GW以上のQ.ANTUMテクノロジー搭載セル生産実績と世界トップクラスの品質管理体制をもとに、さらなる品質向上と技術開発に取り組んでいます。


1

ハーフセル技術

セルを半分にすることで電流が小さくなり、ロスを削減したハーフセル技術。
電流の流れる距離を短くした太陽電池モジュール設計との組み合わせで、出力を向上します。


2

6本バスバー技術

バスバー間の距離を縮めて電子をより多く集めるとともに、電流の通り道を増やすことで抵抗損失を抑え、出力を向上します。


3

ワイヤー・インターコネクション

フラットリボンの代わりにラウンドワイヤーをバスバーに採用することで、電極の幅と合わせて影の影響を受ける部分が75%削減され、出力が向上します。
さらに、ラウンドワイヤーによる反射光の効果で太陽電池モジュールの光の活用度を高めます。


出力保証

卓越した出力、優れた変換効率、
そして国内最高レベルの出力保証

Q.PEAK DUO-G5シリーズはQ.ANTUM DUOテクノロジーを搭載し、実使用環境下での優れた性能だけでなく、初年度は公称最大出力の98%、2年目以降は毎年0.54%の出力低下を下限に出力を保証いたします。



Q.ANTUM DUOテクノロジー

  • 業界に先駆けて裏面パッシベーションを用いたQ.ANTUMセルの量産化に成功。
  • 単結晶Q.ANTUMセルに、ハーフセル技術、6本バスバー技術、ワイヤー・インターコネクションなど、先端技術を組み合わせ、さらなる高出力・高効率を実現。

さまざまな気象条件に対応

  • 優れた低照度特性と温度特性で、より高い発電量を実現。

厳格な品質管理

  • アンチPIDテクノロジー (APT)、ホットスポットプロテクト、トレサブルクオリティTRA.Q™ 搭載により、長期にわたって品質を維持。
  • 厳しいVDE品質テストプログラムをクリア、長期にわたって安定した発電を実現。

  • APTテスト条件:表面を誘電導性金属箔で覆ったモジュールのセルに、25℃で168時間、-1500Vを印加

製品仕様

型番 Q.PEAK DUO-G5 320 Q.PEAK DUO-G5 325
公称最大出力(Pmax)(+5/-0W) 320W 325W
公称短絡電流(Isc) 10.09A 10.14A
公称開放電圧(Voc) 40.13V 40.40V
公称最大出力動作電流(Ipm) 9.60A 9.66A
公称最大出力動作電圧(Vpm) 33.32V 33.65V
モジュール変換効率 19.0% 19.3%
真性変換効率 21.7% 22.0%
セル種類 単結晶Q.ANTUMハーフセル
セル枚数 20×6
寸法(横×高さ×奥行) 1000mm×1685mm×32mm(フレームを含む)
質量 18.7kg
最大システム電圧(Vsys) 1000V
耐風圧荷重/耐積雪荷重 4000Pa/5400Pa
前面カバー 3.2mm反射防止コーティング(ARC)
太陽電池用強化ガラス
背面カバー 複合フィルム
フレーム アルミニウム合金(アルマイト処理)
ケーブル 太陽電池用ケーブル4㎟
コネクタ MC4コネクタ

太陽電池モジュール Q.PEAK DUO-G5

Q.PEAK DUO-G5の背面図・側面図

  • 製品改良のため、仕様の一部を予告なく変更することがあります。