Qセルズが選ばれる理由 – 「Qセルズ」低照度に強いドイツ生まれの太陽光発電システム

Qcells

Hanwha Q CELLS

YOUR RELIABLE ENERGY PARTNER, Q CELLS

Hanwha Q partners

BEST SERVICE FOR BEST QUALITY WORKMANSHIP, Q PARTNERS

WhyQcells

Global Network

Qcellsは、グローバルな研究開発および製造現場と緊密に連携しています。
製造、販売、およびサポートにおいて最高レベルの品質を提供します。

●2ヶ国 本部
韓国、ソウル
(Global Excutive HQ)
ドイツ、タールハイム
(Technology & Innovation HQ)
●4ヶ国 モジュールテストセンター
ドイツ、韓国、マレーシア、中国
●4ヶ国 生産ネットワーク
韓国、マレーシア、中国、米国
●60ヶ国 営業ネットワーク
ヨーロッパ全域、北米、アジア、南米、アフリカ、中東

Fact & Figure

Qcellsは財務的安定性を持つ、グローバルエネルギーソリューションプロバイダーです。

モジュール累計出荷量(2021)
7.0GW
住宅用販売棟数(2021)
100,000

Japan

モジュール累計出荷量(2021)
12.4GW
総売上
(2021)
33億9,300万ドル

Global

About Hanwha Qcells Japan

1984 – 現在

国内最高レベルの保証体制+サポート体制で、もしものときも安心です。

Qセルズならではのサポート体制

❶ サービスサポート拠点
関連協力会社サービスネットワーク
450ヶ所
物流拠点
9ヶ所
❷ セールスサポート
営業拠点
5ヶ所
Q.PARTNERS(販売店支援プログラム)
1,800
❸ テクニカルサポート
販売支援ツール
Q.CAST2
施工サービス
施工ID研修制度

Global Leading Company

Qcellsのブランドは、テクノロジー、品質、さらには安全な金融性も認められています。
Qcellsは常に最高品質とサービスの提供のために努力しています。

Top Brand

TOP Brand PV

9年連続選定(EU)

LIFE & LIVING Award

3年連続

Highest Reputation Award

2年連続

Top Quality

TOP Performer

7年連続

QCPV

Quality
Controlled PV

Top Technology

Intersolar Award

Q.PEAK RSF L-G4.2 (2017)
Q.PEAK DUO-G5 (2018)

Solar+Power Award

Q.PEAK DUO-G5 (2017)
Q.FLAT-G5 (2018)

Top Bankability

BNEF Top-tier Bankability

Top-tier company since 2012

Marketing
Leadership

NO.1
Market Share

住宅用・産業用での
トップ市場シェア
(米国)

Qcellsテクノロジー

Q .ANTUM(クアンタム)テクノロジーの
進化は続く

Technology of Q.ANTUM DUO Z

Zero-Gap(ゼロギャップ)技術

セル同士の間隔をなくすことで高密度な状態を作り出し高出力・高効率を実現する技術。
Zero-Gap(ゼロギャップ)技術により、スペースが発生するため、同一サイズのモジュールに比べより多くのセルが搭載可能となり、さらに高出力と高効率を実現します。

Zero-Gap (ゼロギャップ)技術

セルを少し斜めにすることにより、ストレスなくセルを配線する技術。さらにセル同士の間隔をなくし、密度も向上。

従来の方式

セルの表面をワイヤーで配線するため、2-3㎜程度の間隔が生まれ、セルの密度が低い。

Technology of Q.ANTUM DUO

3つの先端技術を採用し、
太陽光をより効率的に発電

・8年以上蓄積されたR&D経験・7GW超のQ.ANTUM DUOモジュールを量産
・Intersolar PV アワード2018を受賞・PVEL Top Performer 2019/2020年に選定

01

発電ロスを少なくする
「ハーフセル技術」

セルを半分にすることで電流が小さくなり、発電ロスを削減した技術。電流の流れる距離を短くした太陽電池モジュール設計との組み合わせで出力を向上。

02

電気抵抗による損失を抑える
「バスバー技術」

バスバー間の距離を縮めて電子をより多く集めるとともに、電流の通り道を増やすことで抵抗損失を抑え、出力を向上。

03

太陽光の影を減らす「ワイヤー・
インターコネクション技術」

フラットリボンの代わりにラウンドワイヤーをバスバーに採用することで、電極の幅と合わせて影の影響を受ける部分が75%削減され、出力が向上。さらにラウンドワイヤーによる反射光の効果で太陽電池モジュールの光をより活用。

Q.ANTUM DUO Technology

12本バスバー搭載セル

ハーフセル

ワイヤー・
インターコネクション

従来の方式

6本バスバー搭載セル

従来セル

従来セル

Technology of Q.ANTUM

3つの先端技術を採用し、
太陽光をより効率的に発電

・13年以上蓄積されたR&D経験
・8年以上の生産実績
・4億枚超のQ.ANTUMセルを量産・23GW超のQ.ANTUMモジュールを量産

01

太陽光を無駄なく
活用するためのテクノロジー

札幌よりも高緯度で照度の低い北緯51度のドイツ・ライプチヒで研究開発されたQセルズ。そのため、太陽光が弱い時期や曇りの日でも、光を最大限に活用する技術が生まれました。

02

受け止めた太陽光を
効率良く発電するセル技術
※特許

特殊なナノレイヤーを形成するQ.ANTUMセルを開発。従来は無駄になっていた太陽光のエネルギーを、セル裏面の層で閉じ込めることで、エネルギーの活用度を高め、より多くの電気を生み出します。

※ Q.ANTUM技術を構成する要素の1つで、欧州特許EP2,220,689を保有

Q.ANTUMテクノロジーの
進化は続く

Qcellsは現在、世界の太陽光発電システムの主流となっているPERC技術を世界で初めて商用化した企業です。
太陽光発電技術のパイオニアとして、QcellsはPERC技術時代をリードしてきました。PERCと独自のYield Security機能を組み込むことにより、独自のQ.ANTUMテクノロジーを開発しています。Qcellsは技術革新を続け、Q.ANTUMからハーフセル技術のQ.ANTUM DUO、ゼロギャップ技術のQ.ANTUM DUO Zに進化し続けています。
全ての技術は世界最高レベルの品質検査認定のQPVにより製品の性能と信頼性が立証されます。

 
  • PERC技術
  • Yield Security
+7.5%
  • Q.ANTUM(クアンタム
  • マルチバスバー技術
  • ハーフセル技術
  • ワイヤー・インターコネクション
+10%
  • Q.ANTUM DUO(クアンタムデュオ
  • ゼロギャップ技術

※標準PERCテクノロジー太陽光発電モジュールと比較した出力差

独自の品質管理プログラム

ドイツで開発されたすべてのQcells製品は、4レベルの厳格な品質プログラムを行います。

Level 1

認証

モジュール製品としての基本要件

品質を証明する様々な機関(IEC,UL,MCSなど)の認証を取得し、太陽電池モジュールの電気及び構造的安定性をグローバル基準に合わせます。

Level 2

発電量保証

セル単位の品質保証

セルおよびモジュールの性能低下を最小限に抑えるため、Qcells Yield Securityを通して長期的な信頼性を確保できます。

アンチPIDテクノロジー ホットスポットプロテクト
アンチLeTIDテクノロジー トレーサビリティ

Level 3

Quality controlled PV (QCPV)

業界初認定「品質検査認証」

世界的な太陽電池モジュールの認証機関である、TÜV Rheinland(テュフラインランド)が新たに設計した品質設定プログラムで、世界最高レベルの信頼性試験を行い、性能と信頼性を認定されました。

Level 4

内部品質管理プログラム

さらに厳しい品質テスト

QcellsのInternal Quality Test Program(IQT)は、すべての製品が高品質の標準を満たしていることを保証します。製品品質のリーダーとして、Qcellsは世界標準より最大3倍の厳しいテスト基準を適用しています。

世界最高レベルの
「品質検証認証」QCPV

❶ 過酷な環境ストレステスト

  • 製造前および変更後の40回を超える個別のテストを実施。
  • IEC規格の3倍に値するテスト品質基準。

❷ 生産モニタリング

  • TÜV Rheinland(テュフラインランド)の専門家がQcellsの工場に常駐。
  • 生産中のQセルズの太陽電池モジュールをランダムに選択し検査。

❸ 部材試験

  • 重要構成品の部材を供給するサプライヤーを定期的にチェック、管理。
  • 部材のランダムサンプリング検査。