導入メリット – 「Qセルズ」低照度に強いドイツ生まれの太陽光発電システム

Q CELLS

Hanwha Q CELLS

YOUR RELIABLE ENERGY PARTNER, Q CELLS

Hanwha Q partners

BEST SERVICE FOR BEST QUALITY WORKMANSHIP, Q PARTNERS

SOLAR PROJECT

導入メリット

無限の太陽光エネルギーを活用し、
災害に強い企業・自治体・社会へ

太陽光発電は環境にやさしく、枯渇しない無限のエネルギー。工場や学校、公共施設や空き地などの空いているスペースで電気をつくることができます。発電した電気は自家消費と電力会社による買取(余剰買取・全量買取)の二つの活用方法があります。自家消費なら電力会社から買う電気代を抑えられ、コスト削減につながります。余剰買取や全量買取なら電力会社に電気を売ることで、収益を上げることができます。また停電などの非常時には非常電源にもなります。太陽光発電は経済的なメリットが大きく、安心もプラスできるシステムなのです。

産業用太陽光発電システムのメリット

  • 自家発電した電気を「災害時の非常電源」に
    災害などで停電が起こった場合も、太陽光で発電している間は電力を使用可能です。また、蓄電システムを利用すれば夜間の電力も確保できます。
  • 電気料金の削減による「経済的メリット」
    発電した電気を自家消費すれば、その分電気料金が削減できます。また、蓄電システムを利用すれば最大使用電力量を制御できるため、さらに電気料金を削減できます。
  • クリーンなエネルギーの活用で「環境に配慮」
    発電に利用するのは、太陽光という無限のエネルギー。CO2(二酸化炭素)や、SOx(硫黄酸化物)、NOx(窒素酸化物)の発生がなく、環境保全につながります。
  • 空いているスペースで発電し「電気を自給自足」
    既存建物の屋根上や空き地に太陽光発電システムの導入が可能※。さまざまなスペースで自家発電を行い、つくった電気を自家消費することができます。
    • 当社設置基準により、設置できない場合があります。

太陽光発電に関した
補助金・減税措置について

  • ※1 個人事業主、資本金3,000万円以下の法人
  • ※2 資本金3,000万円超1億円以下の法人
  • ※3 全量売電の場合は、電気業の用に供する設備になると考えられます。電気業については本税制の指定事業に含まれておらず、対象となりませんのでご注意ください。
    ただし、営む事業が指定事業に該当し、全量売電ではなく発電した電気の一部をその指定事業に使用している場合(例:製造業の工場で使用)については、個別に確認が必要です。
  • ※ 各種税制の適用の併用や、手続きの詳細につきましては、所轄の税務署や税理士へお問い合わせください。
  • ※ 2021年4月現在

システム規模による手続きの違い