住宅システム – 「Qセルズ」低照度に強いドイツ生まれの太陽光発電システム

Q CELLS

Hanwha Q CELLS

YOUR RELIABLE ENERGY PARTNER, Q CELLS

Hanwha Q partners

BEST SERVICE FOR BEST QUALITY WORKMANSHIP, Q PARTNERS

SOLAR PROJECT

住宅用システム

答えは、Q。

  • 答えは、Q。

    Q.HOME
    最適な組み合わせが選べるQセルズの住宅用太陽光発電システムQ.HOMEは、太陽光発電を導入されるご家庭の要望に、充実のシステムラインナップでお応えします。
    Q.HOME+
    Q.HOMEに、電力を貯めてかしこく使う蓄電システムをプラスしたQ.HOME+(プラス)太陽光発電で電気を創るだけではなく、創った電気を蓄えて効率よく使う時代がもう始まっています。Q.HOME+は、ご家庭の電力をすべて自家発電/消費するクリーンエネルギーライフを目指します。

Q.HOME

最適な組み合わせが選べるQセルズの
住宅用太陽光発電システム、Q.HOME
Q.HOMEは、太陽光発電を導入されるご家庭に向けて選びやすい、充実のシステムラインナップでお応えします。

ドイツ生まれの高品質・高性能の太陽電池モジュールに、パワーコンディショナ・モニターセット(HEMS)などの周辺機器、保証制度を取り揃えた住宅用パッケージです。お客様一人一人が 最適な太陽光発電システムをお選びいただけます。

太陽電池モジュール

Q.ANTUMテクノロジー搭載で、あらゆる気候や使用条件で高いパフォーマンスを実現。3タイプのサイズを用意し、日本のさまざまな屋根の形状やサイズに対応します。

  • パワーコンディショナ&モニターセット
  • 製品詳細

屋内設置型はもちろん、屋外設置型や、2種類以上の太陽電池モジュールの組み合わせに対応するマルチストリングスまで、ご要望に最適なモデルをお選びいただけます。

HQ-Dシリーズ
屋内設置型
マルチストリングス型 (屋内外)
カラーモニターセット
HQJP-Aシリーズ
屋内設置型
屋外設置型
マルチストリングス
KPシリーズ
屋外設置型
屋内設置型

スレート、瓦、金属屋根など、さまざまな日本の屋根材に対応します。

スレート
アスファルトシングル
和瓦
平板瓦
S瓦
金属

安心の保証制度

長期にわたって家庭内で活躍する太陽光発電システム。Qセルズは、国内最高レベルの保証と補償で、お客様に信頼と安心をお届けします。

「電気を買う」から「電気をつくってためる」時代へ
太陽光発電で電気を創るだけではなく、創った電気を蓄えて無駄なく効率よく使う時代が、もう始まっています。
Q.HOME+は、ご家庭の電力をすべて自家生産/消費するクリーンエネルギーライフを目指します。
Q.HOME+がつくる経済的で、安心で、便利な生活
ハイブリッド蓄電システムなら、電気を無駄なく蓄えて、必要なときに使えます。節約はもちろん、万が一に備えることもできます。「つくる・蓄える・かしこく使う」ことで快適なエネルギーライフをはじめましょう。

もしもの災害時に頼れる「蓄電システム」。
無駄が少ないハイブリッド蓄電システムがおすすめ

通常、太陽光発電システムと蓄電システムを同時に運用する場合は、それぞれのシステムに「パワーコンディショナ」が必要です。ハイブリッド蓄電システムなら、蓄電池側の蓄電・放電パワーコンディショナと太陽光発電システム側のパワーコンディショナを1台にまとめられます。エネルギーのシステムロス軽減と省スペース化など、さまざまなメリットを実現します。

電気を「蓄える」ことで生まれるメリット

蓄電システムは、電気を無駄なく貯めて必要な時に使うシステム。太陽光発電システムにより発電した電力で生活でき、停電などの際にも安心です。この蓄電システムを、Q.HOMEに追加した、Q.HOME+。さらに、HEMSとの組み合わせにより、省エネも快適さも一段とアップします。

もしものときでも、電気を確保

万が一の停電の際にも、太陽光発電と蓄電システムで電気をつくって蓄えておけば、停電でも安心できます。

ライフスタイルに合わせて、運転動作モードを選べる

売電優先や、自家消費優先など、3つの通常時運転動作モードを設定することが可能。
太陽光発電で創った電気を、ご家庭の使用状況に応じて自在に使い分けることができます。

    自家消費が目的
    • 環境優先モード
      余剰電力は蓄電池に充電して、朝・夕・夜間までできるだけ自家消費を優先させます。停電に備えて設定により残量を増やしておくことも可能です。
      自立モード
      停電が発生して電力会社から電力供給が停止したときには、自立運転に切り替え、電気を供給します。昼間は太陽光発電した電気を使いながら充電し、夜間は蓄電池の電気を使います。
  • 売電が目的
    • 経済優先モード
      電気料金の節約をサポート。夜間電力で蓄電池に充電し、昼間は太陽光発電した電気を使用。余剰電力は売電して、朝夕は蓄電池の電気を使うことにより、電気料金を節約できます。