view05 | 「Qセルズ」低照度に強いドイツ生まれの太陽光発電システム

Hanwha Q CELLS

YOUR RELIABLE ENERGY PARTNER, Q CELLS

Hanwha Q partners

BEST SERVICE FOR BEST QUALITY WORKMANSHIP, Q PARTNERS

個人のお客様

お客様の声

発電量は期待以上。
売電もすこぶる順調で、家族も笑顔に。

  • 埼玉県川越市 M様邸

    M様はご夫妻と1歳のお嬢さまの3人家族。
    埼玉県川越市の穏やかな住宅街にお住まいです。
    2013年に新築したばかりのマイホームには、建てる時から太陽光発電システムを導入するつもりだったとのこと。かわいい盛りのお嬢様をあやしながら笑 顔の絶えないご夫妻に、太陽光発電にどのようなことを期待なさっていたか、そしてQセルズを選択した理由、現在の満足度などについてお話を伺いました。

  • 設置状況
    設置モジュール
    Q.PEAK-G2 265×20枚
    設置容量
    5.3kw(余剰電力買取)
    設置年月
    2013年12月
    屋根の種類
    スレート

1万世帯以上のお客様に選ばれています。

  • Qセルズを選んだきっかけと理由

    曇りの日の発電量と設置費用を比較してQセルズに。
    「太陽光発電について知ったのは、以前の職場の先輩に勧められたことがきっかけですね。特に興味を引かれたのは、売電でした。「わが家でもやりたい!」と。 だから、家を新築することになったとき、設計段階から屋根の傾斜や素材など、あらかじめ発電パネルを設置しやすいように依頼しました。

    メーカーの選定までに検討したのは、国内3社と海外はQセルズだけ。見積もりを比較検討し、その場でQセルズに決めました。決め手になったのは、曇りの日の発電量、そして設置費用。売電を目的に、できるだけ多くのパネルを設置したかったので、その2点は特に重視しました。

    2013年の11月末に新居へ引っ越し、翌12月の27日にQセルズの設置が完了。販売店が迅速に工事してくれたおかげで、太陽光発電を備えた新居で新年を迎えることができました」
  • 家計を預かる奥さまのご感想

    子育て真っ盛りなので、快適さと売電収入には大助かり。
    「小さな子どもがいるので、真夏は特に電気代を気にしないでエアコンで快適にしてあげたい、ということがいちばんの思いでした。給湯は電気にしたので、お風呂のお湯もたっぷり使えて気持ちがいいです。
    そんな感じで心地よく暮らしているのにもかかわらず、今年の春から夏にかけては売電が月に3万円近くになりました。これにはびっくりしましたし、うれしかったですね! もちろん冬場も、その半額程度は売電できています。
    早朝から発電が始まりますし、曇りの日も期待通りの働きぶり。家計を預かる私としては大助かりです。よく晴れた朝は、洗濯物を干しながら、「よしっ、今日もたくさん発電してね!」と、思わず笑顔に(笑)。子どももモニターの赤と緑のランプを気にするようになってきて…。Qセルズを家族みんなで応援しています(笑)」
    • M様邸は新築と同時にQセルズの太陽光発電システムを設置されましたため、設置前年度の電気料金とは比較しておりません。
  • 導入後、1年を経てのご感想

    子どものためにも、大きな安心を手にした実感!
    「太陽光発電を導入して、売電のメリット以外にも、子どもを育てていく上で大きな安心を手に入れたな、という実感があります。東日本大震災後に続いた計画停電などの不安な思いは忘れられないです。
    発電設備は、わが家の危機管理のひとつでもありますね。売電収入もふくめ、Qセルズがもたらしたこの安心感は、子どもが受け継いでいける財産でもあると思います。太陽光発電のことを教えてくれた先輩、誠実に対応してくれた販売店の担当者にも感謝しています」
    • 本グラフはお客様の資料を基に算出したものであり、屋根の形状・照度などの条件により電気料金・売電価格・発電量は異なります。
    • 本インタビューの内容は、お客様の感想となります。