ハンファQセルズ、独EuPDリサーチ社調査 モジュールメーカー部門で「トップ・ブランドPV」※1の称号獲得 ~ヨーロッパで6年連続、オーストラリアでは4年連続の受賞~ – 「Qセルズ」低照度に強いドイツ生まれの太陽光発電システム

Hanwha Q CELLS

YOUR RELIABLE ENERGY PARTNER, Q CELLS

Hanwha Q partners

BEST SERVICE FOR BEST QUALITY WORKMANSHIP, Q PARTNERS

ABOUT

ニュースレター

ニュースレター

  • ハンファQセルズ、独EuPDリサーチ社調査 モジュールメーカー部門で「トップ・ブランドPV」※1の称号獲得 ~ヨーロッパで6年連続、オーストラリアでは4年連続の受賞~

    2019年2月6日

  • ※ハンファQセルズ株式会社発信の海外プレスリリースより参考情報としてお知らせ配信しています。

    ■ ヨーロッパで6年連続、オーストラリアで4年連続「トップ・ブランドPV」の称号を受賞
    ■ 本称号は施工会社の推薦に基づき選定。ハンファQセルズの卓越した製品品質やサービス、会社に対する高い評価により今年も獲得
    ■ ハンファQセルズのチャールズ・キムCEOのコメント:「より高い品質とサービスを求めるヨーロッパおよびオーストラリア市場の施工会社に支持していただき、連続して名誉ある称号を頂けたことは、Qセルズにとって大きな自信となります。また、施工会社の皆様が持つ期待に常にお応えすることができ、さらにそれを上回ることができたことを大変嬉しく思います。」



    2019年1月31日(ドイツ・ベルリン)―ハンファQセルズドイツ(以下「Qセルズ」)は、太陽光発電の世界的な研究機関である、独EuPDリサーチ社が毎年実施する、太陽光発電の施工会社を対象とした満足度調査においてトップモジュールメーカーに選定され、「トップ・ブランドPV 2019」を授与されました。トップ・ブランドPVの称号獲得は、ヨーロッパで6年連続、さらにオーストリアで4年連続Qセルズが世界有数の太陽光ブランドとして認められている証となります。

    EuPDリサーチ社は、世界の主要な太陽光発電市場の施工会社を対象とした調査「グローバルPVインストーラー・モニター(Global PV Installer Monitor)」に基づいて、「トップ・ブランドPV」を選出しています。Qセルズは2019年、ドイツをはじめスイス、オーストリア、イタリア、フランス、オランダ、イギリス、ベルギーといったヨーロッパ諸国で「トップ・ブランドPV」の称号を獲得しました。これにより、Qセルズは世界の主要な太陽光発電市場であるヨーロッパにおいて卓越した製品とサービスを提供するブランドとして評価されています。さらに、ヨーロッパにとどまらず、オーストラリアの施工会社からも、Qセルズのブランド力の高さ、そして変わることのない魅力が引き続き評価されています。

    Qセルズの品質に対する強い責任姿勢を再認識させる6年連続の受賞

    6年連続でEuPDリサーチ社の「トップ・ブランドPV」を受賞し続けることは、Qセルズがヨーロッパで最も信頼され、尊敬されている太陽光企業としての評価を堅固なものとしています。EuPDリサーチ社の調査「グローバルPVインストーラー・モニター(Global PV InstallerMonitor)」では、各国100名以上(ベルギーのみ75名)の施工会社に対して調査を行います。競争の激しい市場で事業行う施工会社から継続して信頼を得ている太陽光企業を正確かつ独立的に評価する手法であるとして、広く知られています。

    太陽光発電産業の中心で活躍する企業からのこのような反響は、ブランド力だけではなく、ブランドに対する評価や製品の品質にも重点を置いて評価しているため、エンドユーザーにとって非常に重要です。「トップ・ブランドPV」の称号を6年連続で受賞したという事実により、Qセルズは業界で比類なきレベルの品質とサービスを一貫して提供しているということを証明しています。

    この栄誉はEuPDリサーチ社の調査に裏付けられており、そしてQセルズはヨーロッパ最大の太陽光発電市場であるドイツにおいて2018年もシェア1位の太陽電池モジュールメーカーであり続けています。

    EuPDリサーチ社 マーク・A・W・ホーナーCEOのコメント:「この数年間、『トップ・ブランドPV』の称号を毎年獲得し続けている企業はほんの一握りです。約10年間に渡り、施工会社やエンドユーザーがこれらの信頼できる企業を他の企業と区別できるよう「トップ・ブランドPV」を特定してきました。またヨーロッパではこうした基準が購買決定における重要な要因となります。」

    ハンファQセルズ株式会社 チャールズ・キムCEOのコメント:より高い品質とサービスを求めるヨーロッパとオーストラリア市場の施工会社に今年も支持していただき、この名誉ある称号を獲得したことは、Qセルズにとって大きな自信となります。また常に期待に応えるのはもちろん、それを上回ることができ大変嬉しく思います。Qセルズはすでにヨーロッパの多くの主要市場で市場リーダーのポジションを獲得しています。今回のEuPDリサーチ社による栄誉は、Qセルズがヨーロッパ全土で市場シェアを拡大し続けるための原動力となることは間違いありません。」

    Qセルズの成長を加速する最近の受賞歴

    「トップ・ブランドPV 2019」の称号以外にも、以下のように過去1年間でQセルズは数多くの賞を受賞しています。これらの快挙は、Qセルズが高品質の製品、最新の技術、卓越したサービスを提供するというコミットメントを果たしていることの証明であると言えます。
    • 昨年5月に発表されたDNV GL社による「PVモジュール信頼性スコアカード( PV Module Reliability Scorecard)」で、ハンファQセルズ株式会社が「トップ・パフォーマー2018」に認定
    • Qセルズの「Q.PEAK DUO-G5」ハーフセル太陽電池モジュールが、昨年6月ドイツ・ミュンヘンで、太陽光発電部門において「インターソーラー・アワード2018」を受賞
    • 革新的な「Q.FLAT-G5」屋根設置システムが昨年9月、ベストBOS※2イノベーションとして「Solar+Powerアワード」を受賞
    ※1 EuPD Research社 「トップ・ブランドPV」 称号についてEuPD Reserch 社はドイツに本社を置く再生可能エネルギーを専門分野とするコンサルティングおよび調査を手掛ける企業。毎年、太陽光発電製品(モジュール、パワーコンディショナ、蓄電池など)に関して、ヨーロッパおよび米国、オーストラリアの施工会社を対象に満足度調査を行っており、評価が高いブランドに対し「トップ・ブランドPV」の称号を付与しています。
    ※2 太陽光発電システムにおいて、太陽電池モジュール以外の「周辺機器」のこと。

    企業プロフィール

    【ハンファQセルズ株式会社について】
    「フォーチューン・グローバル500」に選出され、韓国のトップ10企業であるハンファグループ内の太陽光関連企業2 社を統合し、2015年2月にハンファQ セルズを設立。”Engineered in Germany“のブランドコンセプトのもと、ドイツのR&D本社から先進的な技術や革新的な研究開発をグローバルに展開するとともに、ハンファグループのネットワークを活かし、欧州、北米、アジア、南米、アフリカ、中東諸国でビジネスを展開している。生産施設はマレーシア・中国・韓国にあり、2018年第1四半期時点でセル/モジュール生産能力は8GWを誇る。太陽光セル・モジュール・システムの開発・生産・販売、発電所建設およびEPC(設計・調達・建設)事業など太陽光ビジネスの全分野でソリューションを提供している。
    http://www.q-cells.com

    【ハンファQセルズジャパン株式会社について】
    1984年に韓国最大手企業であるハンファグループの日本法人として設立。太陽光発電関連事業(太陽光モジュール輸入販売、IPP事業)をはじめ化学品、鉄工、機械・設備、自動車部品、IT関連機器等、多部門にわたる基幹産業のアジア諸国間での輸出入業務と日本市場での販売事業を30年以上にわたり展開している。2011年より日本の太陽光事業に参入し、2017年12月現在で日本向けの出荷量累計3.4GW、住宅設置数30,000棟を達成した。
    http://www.q-cells.jp