Qセルズは、ドイツの裁判所の判決に違反した ジンコソーラーに対して罰則手続きを開始します – 「Qセルズ」低照度に強いドイツ生まれの太陽光発電システム

Q CELLS

Hanwha Q CELLS

YOUR RELIABLE ENERGY PARTNER, Q CELLS

Hanwha Q partners

BEST SERVICE FOR BEST QUALITY WORKMANSHIP, Q PARTNERS

ABOUT

ニュースレター

ニュースレター

  • Qセルズは、ドイツの裁判所の判決に違反した ジンコソーラーに対して罰則手続きを開始します

    2020年10月30日

  • ※Qセルズ発信の海外プレスリリースより参考情報としてお知らせ配信しています。

    2020年9月28日、ハンファQセルズ(ドイツ)(以下、「Qセルズ」)は、ドイツのデュッセルドルフ地方裁判所でQセルズの欧州特許EP 2 220 689(以下、EP ‘689特許)を侵害するモジュールの提供、販売、および輸入を停止するよう裁判所から命じられたジンコソーラー(Jinko Solar GmbH)に対して、罰則手続きを開始しました。

    [2020年10月19日、ドイツ・ベルリン] Qセルズは、ジンコソーラーのEP ‘689特許を侵害したドイツのジンコソーラー製品に対するデュッセルドルフ地方裁判所が命じた差し止め命令を違反したとして適切な法的措置を講じたと発表しました。

    Qセルズは、2020年6月16日付けの裁判所からジンコソーラーへの差し止め命令の条件(QセルズのEP ‘689特許を侵害する製品の製造、販売、輸入、流通の禁止を含む裁判所の差し止めの条件)を遵守しなかったことを受け、過料の確定を要請しました。

    デュッセルドルフ地方裁判所は、2020年6月16日に、ジンコソーラーの特定のモジュールがEP ‘689特許の対象となる技術を使用し、Qセルズの特許を侵害しているとの判決を下しました。この特許は、Q.ANTUMに適用されている独自のパッシベーション技術を保護します。この技術は、Qセルズによって開発された太陽電池の効率を大幅に向上させる革新的な技術です。

    裁判所の判決に伴いQセルズは、ジンコソーラーに対して侵害製品の輸入および販売を禁止することを含め差し止め命令を執行する権利を付与されています。また、ジンコソーラーは、2019年1月30日以降に流通された侵害製品を流通経路から回収し、所有している全ての侵害製品を破棄するよう命じられました。

    さらに、Qセルズはジンコソーラーに対する損害賠償請求を行い、フランスやスペインを含む他のヨーロッパの管轄区域での特許訴訟を可能な限り早く拡大する予定です。また、ジンコソーラーに加えて、他のメーカーを被告として加える可能性も残っています。

    裁判所の判決を執行するというQ セルズの今回の決定は、当社の戦略的判断と評価に基づいています。Q セルズは、当社の知的財産を侵害するいかなる行為も容認しません。したがって、Q セルズはその特許権を 完全に保護することを決意しています。

    Q セルズのCTO であるダニエル・ジョン博士は、「知的財産権の保護と知的財産法(IP 法)の厳格な遵守は、急速に進化する太陽光発電業界にとってこれまで以上に重要です」と述べました。ジンコソーラーの法律 違反と裁判所の判決により、Q セルズは知的財産権の価値を尊重しないジンコソーラーに対してさらなる措置を講じるほかありません。

    次世代の技術革新が、長期的な研究開発努力から生まれ続けることを保証する前提条件となるため、業界 全体で公正な競争を維持する必要があります。Q セルズは、私たちの知的財産を積極的に保護し、デュッセ ルドルフ地方裁判所によって付与された法的権利を行使するために、ジンコソーラーに対してこのような措置を 講じています。

    企業プロフィール

    【Qセルズについて】
    Q セルズは、太陽電池およびモジュール、エネルギー貯蔵、下流プロジェクト事業、エネルギー小売における有名なトータルエネルギーソリューションプロバイダーです。本社は韓国のソウル(グローバルエグゼクティブ本社)とドイツのタールハイム(テクノロジー&イノベーション本社)にあり、米国、マレーシア、中国、韓国に多様な国際製造施設があります。Q セルズは、ヨーロッパ、北アメリカ、アジア、南アメリカ、アフリカ、中東におよぶグローバルビジネスネットワークを通じて、公益事業、商業、政府、住宅市場の顧客に優れたサービスと長期的なパートナーシップを提供しています。
    http://www.q-cells.com/