太陽電池モジュール 化学物質の含有情報 使用済太陽電池モジュールの適正処理に資する情報提供について – 「Qセルズ」低照度に強いドイツ生まれの太陽光発電システム

Hanwha Q CELLS

YOUR RELIABLE ENERGY PARTNER, Q CELLS

Hanwha Q partners

BEST SERVICE FOR BEST QUALITY WORKMANSHIP, Q PARTNERS

ABOUT

お知らせ

お知らせ

  • 太陽電池モジュール 化学物質の含有情報 使用済太陽電池モジュールの適正処理に資する情報提供について

    2019年1月23日

  • 一般社団法人太陽光発電協会(JPEA)が定める「使用済太陽電池モジュールの適正処理に資する情報提供のガイドライン」に基づき、化学物質の含有状況を以下に示します。

    <対象部位>

    • ①フレーム
    • ②ネジ
    • ③ケーブル
    • ④ラミネート部(端子箱を含む、①・②・③以外部分)


    <表1 対象物質および含有率>

    対象物質 含有率基準値
    0.1wt%以下
    カドミウム 0.1wt%以下
    ヒ素 0.1wt%以下
    セレン 0.1wt%以下

    ※対象物質や基準値の計算式などについては、上記JPEAガイドラインをご参照ください。   (対象部位ごとに、対象物質の含有量÷部位全体の質量 [wt%]にて算出)

    <対象モジュール>

    ハンファQセルズジャパン製のすべての太陽電池モジュール
    ※2012年7月以降の輸入販売製品

    【対象モジュールの主な型番】

    • ・Q.PLUS-G3 ◯◯◯シリーズ
    • ・Q.PLUS-G4.1 ◯◯◯シリーズ
    • ・Q.POWER-G5.1 ◯◯◯シリーズ
    • ・Q.POWER L-G5.1 ◯◯◯シリーズ
    • ・Q.PRO MJ+ ◯◯◯シリーズ
    • ・Q.PEAK-G3 ◯◯◯シリーズ
    • ・Q.PEAK-G4.1 ◯◯◯シリーズ
    • ・Q.PEAK-G5.1 ◯◯◯シリーズ
    • ・Q.PEAK L-G5.1 ◯◯◯シリーズ
    • ・Q.PEAK DUO-G5.1 ◯◯◯シリーズ
    • ・SF220-30-1P ◯◯◯シリーズ
    • ・SF260-36-1P ◯◯◯シリーズ
    • ・HSL60P6-PB-1-◯◯◯シリーズ
    • ・HSL60P6-PC-1-◯◯◯シリーズ
    • ・HSL60M6-HA-1-◯◯◯シリーズ
    • ・HSL60M6-HB-1-◯◯◯シリーズ
    • ・HSL72P6-PB-1-◯◯◯シリーズ
    • ・HSL72P6-PC-1-◯◯◯シリーズ

    ※上記型番の◯◯◯には、公称最大出力を表す英数字が入ります。

    <表2 対象モジュールの内、含有率基準を超える対象物質を含むモジュール型番・対象物質・含有部位・基準値・含有率>

    モジュール型番 対象物質 含有部位 基準値 含有率
    Q.PRO MJ+◯◯◯シリーズ ④ ラミネート部 0.1wt%以下 0.114%
    SF220-30-1P◯◯◯シリーズ 0.115%
    HSL60P6-PB-1-◯◯◯シリーズ 0.114%

    ※上記3製品は以下の通り、既に製造終了している製品となります。
    •  Q.PRO MJ+シリーズ :2015年12月製造終了
    •  SF220-30シリーズ  :2016年9月製造終了
    •  HSL60P6-PBシリーズ:2015年3月製造終了
    ※「対象物質」欄に記載のない対象物質は、基準値以下です。
    ※上記に記載のないモジュール型番を含め、詳細な数値の確認が取れ次第、随時更新予定です。
    ※「RoHS指令」の基準では、鉛の含有率においても基準値以下となります。(鉛の含有量÷モジュール全体の質量 [wt%]にて算出)

    (参考)「ガイドライン中での部位の呼称について」(JPEA「使用済太陽電池モジュールの適正処理に資する情報提供のガイドライン」より)


    <太陽電池モジュールの適正処理方法/処理業者について>

    以下をご参照ください。

    <お問合せ窓口>

    Qセルズお客さまご相談センター
    電話番号0120-322-001
    受付時間9:00~17:30(12:00~13:00を除く)
    ※土日・祝日および年末年始を除く

    QセルズWEBサイトお問合せフォームはこちら