■ 太陽光業界大手メディア “Photon”(※1)による実発電実証試験において
2年連続、多結晶太陽電池モジュールのNo.1

■ EuPD research社調査(※2)においてモジュール部門
“Top PV Brand 2015 “の称号獲得


ハンファQセルズ株式会社は(以下、「Qセルズ」)(米ナスダック:HQCL)、世界的な太陽光発電の第三者機関調査である、“Photon Test”と”EuPD research社調査”にて、非常に高い評価を獲得し、太陽光発電業界で世界トップクラスの製品・ブランドとして認定されましたことを、お知らせします。

“Photon Test”は、世界的な太陽光発電研究機関であるPhoton(※1)が毎年実施している、同条件下におけるモジュールの実発電量を測定するテストです。2014年度は、174の太陽光発電システムについて検証され、Qセルズの太陽電池モジュール”Q.PRO-G2”は、多結晶太陽電池モジュールの中で2年連続の1位を獲得しました。(単結晶モジュールなどを含む総合では6位)

現在、当社が市場展開している太陽電池モジュールは、今回評価を受けた”Q.PRO-G2”から、さらに二世代進化した製品“Q.PRO-G4.1”です。格段に性能が進化しており、低照度時の多くの実発電量と、高い費用対効果を実現した製品となっています。

また、Q セルズは、独EuPD Reserch社が毎年実施する、EU圏における太陽光発電のインストーラー(施工企業)満足度調査(※2)において、モジュール部門で “Top PV Brand 2015 “の称号を獲得しました。これは、Qセルズがドイツ・フランス・イタリアのインストーラーから、最高のブランドとしての評価を受けての称号です。太陽光事業先進国であるEU圏では、インストーラーが非常に権威をもっており、この称号を得ることは、世界中で認められる確かな性能と品質の製品を提供している証です。

この評価を糧に、今後も長期間安心してご利用いただけるブランドとして、日本のお客様に対してもさらに高品質な製品のご提供に尽力してまいります。 

※1 Photonについて
Photonはドイツに本社がある太陽光発電業界における世界最大の国際出版社。世界の180名以上の社員により、毎月ドイツ語、英語、スペイン語、イタリア語、フランス語、中国語で太陽光関連の書籍を出版。さらに、モジュール、パワーコンディショナなどの太陽光発電機器に関する水準な検査を実施するための自社研究所を保有している。 
太陽電池モジュールの発電量テストについて 
http://www.photon.info/photon_lab_modul_ertragsm_en.photon?ActiveID=1289
2014年度ランキング結果
http://www.photon.info/up load/YM_Annual_Results_2014_5302.pdf

※2 EuPD reserch社 “Top Brand“ 称号について
EuPD reserch 社はドイツに本社がある再生可能エネルギーを専門 分野とするコンサルタント及び調査を実施する企業。毎年、太陽光発電 製品(モジュール、パワーコンディショナ、蓄電池など)に関して、EU圏 (ドイツ、フランス、イタリア、イギリス、ベネルクス三国)のインストーラーを 対象に満足度調査を行っている。評価が高かったブランドに対し毎年  “Top Brand“ の称号を付与している。
Top Brand PV Sealについて
http://www.eupd-research.com/products-services/top-brand-pv-seal
2015年度結果
http://www.eupd-research.com/products-services/siegeltraeger/pv-modules

【ハンファQセルズについて】
ハンファグループ内の太陽光関連企業2社が合併され、2015年2月にハンファQセルズ(NASDAQ:HQCL)となる。”Engineered in Germany“のブランドコンセプトのもと、ドイツR&D本社から、先進的な技術や革新的な研究開発をグローバルに展開するとともに、ハンファグループのネットワークを活かし、欧州、北米、アジア、南米、アフリカ、中東諸国でビジネスを展開している。生産施設はマレーシア、中国、韓国、一部ドイツに保有し、セル生産能力は3.7GWで世界トップクラス(2015年6月現在)。太陽光セル・モジュール・システムの開発・生産・販売、発電所建設およびEPC(設計・調達・建設)事業など太陽光ビジネスの全ての分野でソリューションを提供している。