■  1.5GWの太陽電池セル生産工場を新設

■  250MWの太陽電池モジュール生産ラインを増設


ハンファQセルズは(以下、「Qセルズ」)(米ナスダック:HQCL)2015年5月31日、韓国に1.5GWのセル工場の新設及び250MWのモジュール生産ラインの増設を発表しましたのでお知らせいたします。

新設するセル工場は、1.5GW分のセル生産を可能とし、韓国・忠清北道(チュンチョンブクド)の鎮川郡(ジンチョングン)に、2015年末の竣工を目標に建設を開始します。

Qセルズは現在、グローバルにセル・モジュール生産ラインを保有し、新設のセル生産工場竣工後は、現在の生産能力3.7GW(※2)から、5.2GWとなります。この韓国の新拠点においても、ドイツR&D本社の監修による、高品質な製品を生産する万全な体制を実現します。

Qセルズは、2015年4月、米NextEra Energy社と、2016年末までに合計1.5GWのモジュールを供給する契約締結をいたしました。今後同様に、世界で見込まれる太陽光市場の発展に合わせ、世界中のお客様のニーズにお応えできる体制をさらに強化してまいります。

※1 2015年6月から量産開始。
※2  2015年6月現在。


【ハンファQセルズについて】
ハンファグループ内の太陽光関連企業2社が合併され、2015年2月にハンファQセルズ(NASDAQ:HQCL)となる。”Engineered in Germany“のブランドコンセプトのもと、ドイツR&D本社から、先進的な技術や革新的な研究開発をグローバルに展開するとともに、ハンファグループのネットワークを活かし、欧州、北米、アジア、南米、アフリカ、中東諸国でビジネスを展開している。生産施設はマレーシア、中国、韓国、一部ドイツに保有し、セル生産能力は3.7GWで世界トップクラス(2015年6月現在)。太陽光セル・モジュール・システムの開発・生産・販売、発電所建設およびEPC(設計・調達・建設)事業など太陽光ビジネスの全ての分野でソリューションを提供している。