Qセルズの発電量保証 | 「Qセルズ」低照度に強いドイツ生まれの太陽光発電システム

Hanwha Q CELLS

YOUR RELIABLE ENERGY PARTNER, Q CELLS

Hanwha Q partners

BEST SERVICE FOR BEST QUALITY WORKMANSHIP, Q PARTNERS

ABOUT

テクノロジー

技術リーダーシップ

Qセルズは次世代イノベーションに向け努力し続けています。世界4ヶ所に業界最大規模のモジュールセンターを保有し、400人ものエンジニアと科学者が製品や生産技術の開発に努めています。

  • 01R&Dセンター
    • ドイツ
    • 韓国
    • マレーシア
    • 中国
  • 02革新的な技術
    • Q.ANTUM技術
    • Q.ANTUM DUO技術
    • Qセルズトリプルプロテクション
  • 03技術リーダーシップ
    • 世界新記録 19.5%

      多結晶セル及びモジュール効率部門(2011/2015)

    • 規格化
      • 6インチ太陽光セル製造
      • Full-square単結晶太陽光セル製造
    • Q.ANTUMセル生産量 5GW

      裏面パッシベーション構造を用いたQ.ANTUMセルの量産化に業界でいち早く成功

    • 高出力・発電量向上
      • アンチPIDテクノロジー
      • 出力安定化後術
      • ホットスポットプロテクト
      • トレーサビリティ
品質と信頼性を高めた
Qセルズトリプルプロテクション
ハンファQセルズは、新たな技術革新に向けてイノベーションを追い続けます。大規模のR&D投資と努力により
PID現象や設置初期の出力低下、ホットスポット現象どのモジュールで一般的に確認できる課題について業界初、ソリューションを開発しました。これらを基盤に業界の技術標準を築き上げています。
  • アンチPID

  • 出力安定化技術

  • ホットスポット
    プロテクト

  • Tra.Q™

Q CELLS PROPRIETARY ANTI-PID TECHNOLOGY ENSURES RELIABLE ENERGY PRODUCTION
PID(potential induced degradation)は太陽光モジュールの出力を低下させ少なくとも20%以上の発電量が減少する現象です。Qセルズはこの”潜在的劣化現象”の問題にいち早く取り組み2012年から製造された全ての製品へアンチPIDテクノロジーを適用し安定的な発電量を実現しています。
  • PIDとは?

    従来の太陽電池モジュールの仕組みでは、モジュールのフレームとセルの間に電圧差が生じます。そのため雨天時など湿度が高い日は、電流が流出してしまい、これが出力低下を引き起こします。太陽光専門誌フォトン(2010年12月)の調査によると、この原因により少なくとも20%以上の発電量の低下が認められました。このような”潜在的劣化”現象をPIDといいます。

  • PID現象は太陽光システムにどんな影響を与えるの?

    モジュールの出力低下は発電量のロスにつながります。これはモジュール製造メーカーや設置業者に一番多く寄せられるクレームです。さらにPID現象の有無を確認するためには、手間と高額の費用がかかります。Qセルズは、PID現象をセルの段階から根絶し、モジュールおよびシステム全体が、永続的に高い発電量を安定して確保できるようにしています。

  • QセルズのモジュールにはどうしてPID現象が起こらないの?

    Qセルズでは独自のアンチPIDテクノロジー(APT)を採用することにより、セルの生産過程を最適化し、リーク電流などの悪影響をセルの生産段階から排除しています。これによりQセルズの太陽光セルおよびモジュールは耐PID¹を実現しています。Qセルズの太陽光システムは、PIDの影響による出力低下現象を防ぐことが可能です。

    – ¹ APTテスト条件:モジュールのフレームに1000 Vの電力を加え、表面を湿らせた状態で, 25 °Cの環境に168時間放置した場合

出力安定化技術は設置初期の出力低下を抑制します。
設置初期の出力低下現象とは酸素と統合したセル内の添加物が活性化して不安定な状態になると、電子を取り込んでしまうため、電流の流れが妨げられ太陽電池モジュールの出力が低下する現象がみられます。出力安定化技術は酸素と融合したセル内の添加物の活性化を抑え安定した出力を確保可能にします。
  • 設置初期の出力低下現象とは?

    LIDとは酸素と統合したセル内の添加物が活性化して不安定な状態になると、電子を取り込んでしまうため、電流の流れが妨げられ太陽電池モジュールの出力が低下する現象です。

  • 設置初期の出力低下現象を防止する方法は?

    革新的なQ.ANTUM技術で出力安定化技術は酸素と融合したセル内の添加物の活性化を抑え安定した出力が確保可能になっています。

ホットスポットプロテクトは製品について最高レベルの安心と安全を提供します。
ホットスポットプロテクトは全てのセルを検査し、ホットスポット現象を未然に防止します。
ホットスポット現象が確認されたすべてのセルを一律排除できるシステムを有する太陽光メーカーはQセルズだけです。
  • ホットスポット現象はどのように起こるのですか?

    生産過程において、太陽電池セルの主な原料であるシリコンウェファは各種薬品と900℃以上の高温にさらされます。さらに輸送・生産時にも製品に負担がかかります。こうした原因が積み重なることにより、素材に極わずかな破損が生じます。これが“マイクロクラック”と呼ばれるものでホットスポットを引き起こす原因になります。

  • ホットスポット現象が起こる原因は?

    ホットスポット現象は、モジュールの一部に影が差したとき突発的に生じることがあります。セルの一部に影が差すと、より電気の抵抗の少ないホットスポット部分に電流が集中する逆流現象が起こります。局所的に発生する強い圧力によりホットスポットの一部は250 ℃以上に加熱され発火する恐れがあります。

  • Qセルズにはなぜホットスポット現象が起きないのですか?

    ホットスポット現象を回避するために、多くの太陽光メーカーは単純にセルの耐電圧を下げるという対策を取っています。これによりセルの最大発熱量を抑えることができますが、同時にセルの発電効率も下がってしまいます。Qセルズは、最終点検の過程ですべてのセルズに逆流電力を通しています。赤外線カメラが、ホットスポット現象により温度が上昇した部分を感知します。ホットスポット現象が確認されたセルを除外し、リサイクルに回すため、Qセルズの太陽電池セルおよびモジュールは、ホットスポット現象が起こりません。

セル1枚ごとに独自の2次元コードを搭載して履歴管理
Qセルズの太陽電池セルはすべて独自のコードによって管理されています。
これにより、すべての太陽電池セルについての生産情報が確認できるほか、正規商品であることの証明になります。 Tra.Q™ コードは、製造場所や日時についての情報が含まれます。このコード番号をもとに、セルの一つ一つに関する生産状況が確認できます。
  • トレーサビリティシステムはなぜ必要なのですか?

    トレーサビリティシステム (Tra.Q™)により、個々のセルに関する全生産工程を追跡することができます。製造番号、製造年月、製造場所、セルを製造する際に使用した原材料の情報までが内臓されています。これによって、万が一不具合が発見されたときも製造時点から分析し、速やかに対応することができます。

  • 偽造品防止はなぜ必要なのですか?

    太陽電池セルは太陽光発電システムの核心技術ですが、偽造品の問題が浮き彫りになっているのが現状です。しかし、Qセルズのすべての太陽電池モジュールはトレーサビリティシステムTra.Q™による認証を受けているため、他製品とは明確に識別することができます。また、製品がどのような工程で製造されたかを確実に証明できるQセルズ独自のテクノロジーです。

  • トレーサビリティシステムTRA.Q™ の仕組みとは?

    トレーサビリティシステムTra.Q™により、Qセルズで使用されるすべてのセルには独自の認証コードが埋め込まれています。特別に開発されたレーザー技術により、コードを登録する際にセルがダメージを受けることはありません。登録されたコードはTra.Q™ の専用機材によって読み取りが可能となり、太陽電池セルにとって指紋認証のような役割を果たします。特許技術であるトレーサビリティシステムTra.Q™を保有したQセルズは、品質の履歴管理技術を適用している唯一の太陽電池モジュールメーカーです。