Qセルズと住友電気工業は、 「自家消費型」の住宅用太陽光発電システム市場向けに 「太陽光発電+ITシステム+大容量・長寿命ハイブリッド蓄電システム」 の商品開発・市場展開に協力して取り組むことで合意 – 「Qセルズ」低照度に強いドイツ生まれの太陽光発電システム

Qcells

Hanwha Q CELLS

YOUR RELIABLE ENERGY PARTNER, Q CELLS

Hanwha Q partners

BEST SERVICE FOR BEST QUALITY WORKMANSHIP, Q PARTNERS

ABOUT

プレスリリース

プレスリリース

  • Qセルズと住友電気工業は、 「自家消費型」の住宅用太陽光発電システム市場向けに 「太陽光発電+ITシステム+大容量・長寿命ハイブリッド蓄電システム」 の商品開発・市場展開に協力して取り組むことで合意

    2022年3月1日

  • これまでの日本の住宅用太陽光発電システム市場は、国の「固定価格買取制度」に支えられてきましたが、カーボンニュートラルな社会実現に向けて、従来の制度に依存しない「自家消費型」のシステムに対するニーズが年々拡大しています。

    そこで、「ハンファQセルズジャパン株式会社(所在地:東京都港区 代表取締役社長:尹 柱)」(以下「Qセルズ」)と「住友電気工業株式会社(所在地:大阪市中央区、社長:井上 治)」(以下「住友電工」)は、日本の住宅用太陽光発電システム市場において、従来の固定価格買取制度に依存しない「自家消費型」のシステムとして、Qセルズの太陽電池モジュールと住友電工の大容量・長寿命のハイブリッド蓄電システムを一体化した商品の開発と普及拡大に取り組むことで合意しました。

    Qセルズは、グローバルで太陽光発電システム事業を展開し、高い市場シェアを誇ります。住友電工は、集合住宅にも設置することができる業界最小・最軽量クラスのリチウムイオン蓄電システムを提供してまいりました。両社は、今回の協業において、これまで開発してきた製品・サービスで培ってきた経験を活かし、各家庭での自家消費型太陽光発電の蓄電を支え、カーボンニュートラルな社会実現に貢献してまいります。

    POWER DEPO®H (型番:PDH-6000S01)


    概要

    1. 自家消費型・住宅用太陽光発電システムを商品化

    以下のような特長を持つ両社の製品・サービスを組み合わせ、自家消費型市場で求められる太陽光発電システムをいち早く実現します。

    【Qセルズ】
    - 世界トップクラスの高効率・高品質でかつ日本の住宅屋根にフィットした小型太陽電池モジュール
    - 幅広い屋根に設置可能な据付金具
    - 条件に応じ、最適な発電モジュール、パワーコンディショナ、蓄電池などをWEBベースで選定するシステム設計ソフト(Q.CASTII)
    - 保証書発行システム・自動発注システム(QSP)
    【住友電工】
    - 新開発のハイブリッド蓄電システム POWER DEPO®H
    - 充実のアフターサービス対応

    2. Qセルズのセールスネットワークを最大限活用した営業活動の実施

    Qセルズがこれまで培ってきた住宅用太陽光発電システムの販売店網(Q.PARTNERS)などセールスネットワークを最大限活用し、両社の商品を組み合わせたシステムの営業活動を実施。

    製品詳細

    1. ハイブリッド蓄電システム「POWER DEPO®H」について

    ① 業界最大級の大容量・高出力・高負荷容量で自家消費型システムに最適
    蓄電容量12.8kWh、連系出力最大6.0kW、対応負荷容量75Aの機能を搭載。昼間の余剰電力を蓄電池に充電、夜間・早朝を蓄電池からの電力供給で補うことで、電力会社からの電気の購入量を最小化。固定買取制度に依存しない自家消費型システムをいち早く実現。


    ② 業界最大級の自立出力6.0kVA・全負荷200V対応で停電時でも家中の電気が使える
    停電時の自立出力最大6.0kVAの充放電能力、系統/自立自動切替、および停電時200V機器も使用可能な全負荷対応*2の機能を搭載。電気代の削減や長時間の停電も安心。

    POWER DEPO®H(12.8kWh)の家電使用例


    ③ 安心の長期保証と無料の見守りサービス*4
    本体設置後15年間の機器保証*5と蓄電システムの運転状態を監視する無料の見守りサービスを標準搭載。万が一の故障発生時も安心。

    ④ 1台にすべてを搭載したAll in One設計
    蓄電池、パワーコンディショナ、系統/自立自動切替ユニット、および業界初の逆電力検出用CTセンサまでも1つの筐体に収納した完全一体型の設計。設置機器や配線ケーブルが少なく機器壁固定も不要で家屋外観がスッキリ。


    2. 新システムの発売時期

    2022年4月1日


    *1 経済効果は将来の損益を保証するものではありません。また、太陽光発電量や電力使用量は、あくまでも目安となります。
    *2 系統が停電したときに、家全体の配線を系統から切り離して、蓄電システムの自立出力で単相三線式電力(200V/100V)を給電します。
    *3 各家電メーカーがJIS規格に準じて公表している消費電力量等より算出。動作を保証するものではありません。
    *4 見守りサービスに必要となるルーター、インターネット回線接続費用はお客様のご負担となります。また、アラーム発報を検知した場合のみユーザーへ連絡するサービスであり、通信異常は本サービスの対象外となります。
    *5 リモコンの保証期間は設置後2年間となります。
    ● Qセルズ、Q.CAST、QSP、Q.PARTNERSはハンファQセルズジャパン株式会社の商標または登録商標です。

    企業プロフィール

    【ハンファQセルズジャパン株式会社について】
    1984年に韓国最大手企業であるハンファグループの日本法人として設立。太陽光発電関連事業(太陽光モジュール輸入販売、IPP事業)をはじめ化学品、鉄工、機械・設備、自動車部品、IT関連機器等、多部門にわたる基幹産業のアジア諸国間での輸出入業務と日本市場での販売事業を30年以上にわたり展開している。2011年より日本の太陽光事業に参入し、2020年12月現在で日本向けの出荷量累計5.9GW、住宅設置数80,000棟を達成した。
    「Qセルズ」ホームページ:http://www.q-cells.jp/